1. HOME
  2. 指輪の話

指輪の話

婚約・結婚指輪の由来

イメージ様々な説がありますが、一般的な説としては、結婚指輪はその昔シグニットリングと呼ばれ、男性はゴールドの指輪を、女性はカメオの指輪を贈る習慣だったされています。このリングを花嫁に与えることが、家事全般を取り仕切れる権利を認めることであるという意味があるとされていました。婚約指輪は古代ローマに婚約の証明として贈られたのが最初と言われています。現在のように、エンゲージリングは婚約指輪、マリッジリングは結婚指輪になったのは13世紀以後といわれています。
エンゲージリングにダイヤモンドが使われたのは、1477年、マキシミリアン大使が公女マリーに結婚を申し込んだ時に贈ったリングに、「不屈の力」「永遠」を意味する石のダイヤモンドが使われた記録が残っています。
その後永遠に輝きを失わないダイヤモンドがエンゲージリングの定番になりました。
左手の薬指にはめるのは、左手の薬指が心臓とつながり、愛の血が流れているという古代エジプト人の信仰に由来しているそうです。
その後、西洋では19世紀ころに習慣となり日本では明治時代ころから、指輪をする様になりましたが、婚約指輪を贈る習慣が始まったのは戦後で、西洋文化を積極的に取り入れた事と、生活に余裕がでてきた1950年位と言われています。このころは、ダイヤモンドが付いている婚約指輪を贈る方は少なく、1980年代になってダイヤモンドが付いている婚約指輪を贈るようになっているようです。

ページトップへ

あなたは、どの指にはめますか?

イメージ手相があるように、指にも色々な意味がついています。
願いをこめてつけてみるのも指輪の楽しみ方の一つではないでしょうか・・・

《左手》
親指(信念を持って前進する)
・自信を持ちたいとき
人差し指(積極性を引き出す)
・チャレンジしたいとき
中指(直感力)
・集中力を高めるとき
薬指(愛の進展を深める)
・絆を深めたいとき
小指(願いを成就させる)
・出会いを求めるとき
《右手》
親指(指導者の指)
・壁を乗り越えるとき
人差し指(現実を導く)
・行動力がほしいとき
中指(嫌なことを避ける)
・パワーがほしいとき
薬指(創造性を刺激する)
・新しいことをはじめるとき
小指(高感度アップ)
・自分をアピールしたいとき

ページトップへ

指輪のお手入れ方法

プラチナの繊細さと輝きを保つため、他の貴金属と同じ方法でお手入れをしてください。中性洗剤を溶かしたぬるま湯かジュエリー洗浄液を使い、柔らかい布でやさしくふき取ってください。
また、力仕事をするときには、プラチナ・ジュエリーをはずしてください。
また、ジュエリーをつけているときには漂白剤や強い化学薬品を扱わないほうが安心です。プラチナには影響がなくても、ダイヤモンドや宝石が変色することがあるからです。プラチナの場合は傷がついたとしても本来の輝きを失うだけで、磨滅することはありません。私どもで再度お預かりして、修理やサイズ直し、磨き直し、クリーニングをすることが出来ます。

ページトップへ

金属アレルギーについて

金属アレルギーを発症しやすい金属とそうでないものがあります。
JYU-HOUでは長く使っていただくことを前提にお作りしておりますので、アレルギーを発症しにくい、プラチナ、18金、ホワイトゴールドのみを取り扱っております。

ページトップへ

JYU-HOUでお取り扱いしている商品に関係する用語について

梨地(なしじ)仕上げ

イメージ梨地という日本独自の表現と模様は、1000年近くの長い間、我々の身近なところで使われてきました。日本古来の梨地模様の無数の凹凸は、半光沢の美しい地肌を作る表面美装技法のひとつです。機能的には保油性向上、防眩、すべり止め、キズ隠しなどに応用されています。
ジュエリーで使われる梨地の中には、様々な技法があります。ダイヤ針を使って繊細な模様をつけたり、宝石の粒を落としながら加工していく、砂おとしといったものなどがあります。落とす砂の粒の大きさで半光沢の表情が変わります。
ジュエリーブランドの中では「マット仕上げ」や「つや消し」と称して一まとめにしているのが通常ですが、JYU-HOUではこの日本ならではの梨地の持つ様々な風合いや技法の魅力を「重宝シリーズ」としてご紹介していきます。

ページトップへ

正絹(しょうけん)

イメージまじりもののない絹糸、また絹織物。本絹(ほんけん)。純絹。軽さ、光沢、しなやかさが格別の魅力です。
JYU-HOUのオリジナルシリーズ「絹織物巾着袋」は、最高級絹織物(正絹友禅柄との黒ちりめんの切り返しデザイン)で、縫製職人が一つ一つ丁寧に作り上げます。(※JYU-HOUの婚約指輪・結婚指輪をお買い上げの方に、無料でプレゼントしております。

ページトップへ

ページトップへ

JYU-HOUについて
指輪職人の思い
重宝の心
指輪の話
会社概要